2024年から始まる新NISA制度で何が変わる?初心者にわかりやすく解説

2024年から始まる新NISA制度で何が変わる?初心者にわかりやすく解説

新NISAとは、「少額投資非課税制度」であるNISAの新制度です。NISAには一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3種類がありますが、2024年から現在の一般NISAの内容が大きく見直され、「新NISA」として生まれ変わります。現在もNISAを利用する際には「一般NISA」と「つみたてNISA」のいずれかを選んで利用しますが、2024年以降は「新NISA」と「つみたてNISA」のどちらかを選ぶこととなります。

また、同じタイミングでジュニアNISAは廃止されることとなります。

そこで今回は、新NISAの概要やこれまでのNISAとの変更点、新NISAのメリットとデメリット等、新NISAについて解説します。

なお、2022年8月31日に金融庁から令和5年度税制改正要望が提出され、今後、政府や与党の税制調査会等にて審議が開始されます。よって、実際の制度内容は本記事の執筆時点(2022年9月8日)と内容が変更となる可能性がありますことを予めご了承ください。

この記事の目次

新NISAとは?

新NISAの変更点

一般NISAから新NISAへのロールオーバー

新NISAのメリット・デメリット

メリット

デメリット

新NISAは改悪したのか?

つみたてNISA・ジュニアNISAの変更点

つみたてNISAの変更点

ジュニアNISAの変更点

成年年齢変更に伴うNISAの年齢制限変更

つみたてNISAならセゾンポケットで!

2022年12月16日に「令和5年度税制改正大綱」が発表されたことに伴い、本ページで案内しているNISA制度の内容は24年以降変更されることを予めご了承ください。2024年以降の「新NISA制度」に関しては以下の関連記事で詳しく解説しておりますのでご覧ください。

【関連記事】2024年に新NISA制度は何が変わる?変更点やメリット・デメリットを解説

新NISAとは?


2024年から始まる新NISAとは、非課税枠が2階建てで構成されているNISAです。

2014年からはじまる新NISA

1階部分はつみたてNISAと同じ対象商品を、2階部分は現在の一般NISAと同様の対象商品をそれぞれ運用できます。1階部分は規定の投資信託から得られる分配金(※1)または譲渡益(※2)が非課税の対象、2階部分は株式投資や投資信託等から得られる配当金(※3)や分配金、譲渡益が非課税の対象です。

18歳以上が対象で、口座開設可能数は1人1口座まで、非課税期間は最長5年間(2024年〜2028年)です。また、1階部分は新規投資額の年間20万円、2階部分は新規投資額のうち毎年102万円までが上限です。

新NISAは、多くの人が長期投資や分散投資、積立投資を始めやすくするために作られました。そのため、先述のようにつみたてNISAと一般NISAの両方の性質を持っています。ただし、1階と2階で非課税枠や上限が異なり、原則として1階部分を利用していなければ、2階部分は利用できません。

※1 分配金:投資信託の運用の結果、得られた収益を口数に応じて決算ごとに投資家に分配するお金のこと。
※2 譲渡益:キャピタルゲインのことで、 株式取得時の価格と売却時の価格の差から得られる譲渡益のこと。
※3 配当金:会社が得た利益の一部を株主に還元するお金のこと。

新NISAの変更点


新NISAは、一般NISAとは様々な面で変更がされています。
まず、原則として1階部分のつみたて投資を利用しなければ2階部分を利用できなくなったことが挙げられます。
一般NISAであれば、最初から株式投資の利益に対する非課税の恩恵を受けることができましたが、新NISAではまず1階部分で対象の投資信託でつみたて投資をしたうえで、2階部分の枠で株式等へ投資をする必要があります。

ただし、1階部分の投資枠20万円をすべて使い切る必要はありません。1階部分の一部でも利用すれば良いため、1階部分でつみたて投資を開始すると同時に2階部分の投資を行うことも可能です。

また、過去に一般NISAを利用していた人や株式投資の経験がある方などについては、1階部分を利用せずに2階部分のみを利用することもできます。その場合も、2階部分の投資枠はあくまで102万円までであり、1階部分の枠が2階部分に回ることはありませんのでご注意ください。

2点目の変更点は、一部の商品が対象外となったことです。高いレバレッジを効かせている投資信託や上場株式のうち整理銘柄(※4)や監理銘柄(※5)については、新NISAでは取引することができません。
とはいえ上場株式の整理銘柄や監理銘柄はリスクが高い状態の銘柄であり、制限が設けられても多くの投資家からすればさほど影響がないでしょう。

一方、レバレッジ投資信託(※6)は比較的多くの投資家が利用している商品であることから影響が出る場合があるかもしれません。
レバレッジ投資信託は短期売買向けの比較的リスクが高い投資商品であり、安定的な資産形成には不向きであるという理由から、制限が設けられたものとなります。

※4 証券取引所の上場廃止基準に該当し、上場廃止が決定した銘柄
※5 証券取引所の上場廃止基準に該当する可能性がある銘柄
※6 少ない金額で資産運用して、何倍もの投資成果を狙う投資信託

その他、非課税投資枠や投資期間等の変更点は以下の表のとおりです。

一般NISAの変更点

一般NISAから新NISAへのロールオーバー


ロールオーバーとは、NISAの非課税投資枠を翌年に移す手続きのことです。

例えば、2017年に100万円分の株を購入し、非課税期間満了の2021年時点で150万円になっていたとします。この時点で株を全て売却し、2022年に開始する非課税枠を使って新たに株を購入する場合、最大120万円までしか買えません。
しかし、ロールオーバーを活用して翌年に移管すれば、2022年以降も150万円の株を運用し続けられます。

2024年以降、一般NISAから新NISAへロールオーバーする場合も、ロールオーバーには上限はなく、120万円を超過していても全額を移管できるようになる見込みです。一般NISAから新NISAにロールオーバーする際は、新NISAの2階部分を利用し、2階部分(102万円)を超過する場合は1階部分で利用します。

また、ロールオーバーで非課税枠が余った場合には、その枠で新たに投資することも可能です。ただし、122万円を超える金額をロールオーバーした場合は1階部分も2階部分も非課税投資枠を使い切るためその年の新規投資はできません。

参考:金融庁「新しいNISAに関する注意点 / ロールオーバー」

新NISAのメリット・デメリット


新NISAにはつみたてNISAと比較して「自由度が高い」「非課税投資枠が多い」というメリットがありますが、「投資可能期間が短い」「損益通算や繰越控除ができない」というデメリットもあります。メリットだけではなくデメリットがあることも把握した上で、投資を検討しましょう。

新NISAのメリット・デメリット

※7 損益通算:税金を減らすために、赤字の所得を他の黒字の所得から差し引いて相殺すること
※8 繰越控除:その年に控除しきれなかった損失を、最長3年間にわたって利益と通算できる制度のこと

メリット

新NISAの「自由度が高い」理由は、売買のタイミングを選べるからです。新NISAの2階部分は個別株や投資信託、日本株、米国株など様々な商品を自分の好きなタイミングで利益確定できるといったメリットがあります。

また、「自由度が高い」というメリットに加え、「非課税投資枠が広い」という点もメリットです。非課税投資枠が広ければ、その分投資可能な商品も殖やせるため、好きな商品に投資しやすい、分散投資しやすいといったメリットにもつながります。

デメリット

新NISAにはメリットだけではなく、投資可能期間が2024年〜2028年までの最長5年間しかないというデメリットがあります。自由度が高い一方で、投資期間がつみたてNISAよりも短いということを覚えておきましょう。

また、損益通算や繰越控除ができないというデメリットもあります。損益通算とはNISA口座の損失を他の口座で保有している金融商品の利益と相殺する方法で、繰越控除とはNISA口座の損失を翌年以降に繰り越し、翌年以降に発生した利益と相殺する方法です。

損益通算や繰越控除をすることで課税対象額を少なくすることができますが、新NISAは課税口座ではないため損益通算及び繰越控除の対象にはなりません。新NISAで損失が出た場合に他の利益で補填できないというデメリットがあります。

デメリットを把握した上で、新NISAでの投資を検討しましょう。

新NISAは改悪したのか?


2024年から始まる新NISAは、ルールが複雑となり改悪したと感じる方もいるかもしれません。
数年単位ではなく、10年以上の長期投資を目的とするのであれば、新NISAではなくつみたてNISAに変更するという選択肢もあるでしょう。

つみたてNISA・ジュニアNISAの変更点


新NISAと同時に、つみたてNISAの投資可能期間の延長やジュニアNISAの廃止も決定されていますので合わせて把握しておきましょう。

【関連記事】ジュニアNISAとつみたて(積立)NISA、一般NISAの違いは?廃止日は?いつまで投資は可能?

つみたてNISAの変更点


つみたてNISAの変更点は、投資可能期間が、2037年から2042年までと5年間延長されたことです。新NISAとつみたてNISAは併用できないので注意が必要です。

つみたてNISAの変更点

ジュニアNISAの変更点


2023年末でジュニアNISAは廃止となります。これに伴い、払戻しについて変更点があります。2023年までは18歳までの払出し制限が設けられていましたが、2024年以降については子供または孫が18歳未満であっても源泉徴収されずに払い戻しが可能となります。

ジュニアNISAの変更点

なお、ジュニアNISAが廃止されるというのは2024年で利用できなくなるというわけではなく、2024年以降は新規購入ができないという意味です。つまり、2023年末までに購入した人は18歳になるまで非課税で保有できます。

成年年齢変更に伴うNISAの年齢制限変更


日本ではこれまで成年年齢は20歳とされてきましたが、法改正によって2022年4月1日より成年年齢が18歳に引き下げられました。これに伴ってNISAでも年齢制限が変更され、2023年1月1日以降にNISA口座を開設する際の年齢制限は18歳以上に引き下げられます。

NISAの年齢制限変更

このように、成年年齢変更に伴って2023年1月1日以降はNISAの年齢制限が変更されるためご注意ください。

つみたてNISAならセゾンポケットで!


つみたてNISAなら、初心者にも優しいセゾンポケットがおすすめです。

  • 2種類のみのシンプルな商品ラインナップで初心者でも選びやすい
  • セゾンカード・UCカード会員なら口座開設が簡単
  • カードで買い物したポイントを投資に回せる
  • カード決済で積立投資が可能(ポイントも貯まる)
  • 売買する時の手数料が0円
  • 月々1,000円からはじめられる


セゾンカード・UCカード会員なら簡単な質問に答えて、本人確認書類・マイナンバー確認書類を提出するだけで簡単に口座開設できます。月々1,000円からはじめられ、積立投資のカード決済や永久不滅ポイントを使った積立も可能です。

また、セゾンポケットの投資信託は、目的に合わせた2種類のみのラインナップで、初心者でも選びやすくなっています。はじめてのつみたてNISAには、ぜひセゾンポケットをご検討ください。

まとめ

2024年から始まる新NISA。2階建ての制度となり、つみたて投資や長期投資をより促す制度にはなっていますが、2階部分をを利用したい場合は、原則として1階部分を利用しなければならなかったり、レバレッジを効かせた投資信託が投資対象外となったりなど、投資家にとっては改悪と感じる変更点もあります。

新NISAは投資をされる方に影響を及ぼすことがあるため、投資可能期間や対象条件、仕組みについてしっかりと確認した上で、上手く活用しましょう。

Other関連記事

子供の教育資金を新NISAで貯める方法!メリットとリスクについて解説

子供の教育資金を新NISAで貯める方法!メリットとリスクについて解説

お子様の将来について考えるときに、「学費の貯蓄」を計画する方は多いでしょう。昨今の低金利化においては学資保険も以前と比べて貯蓄性は期待できないことから、ジュニアNISAを活用して教育資金を投資で貯めていこうと考えた人もいるかもしれません。しかし、残念ながらジュニアNISAは2023年で制度が終了することが決まっています。2024年から始まる新NISAは、ジュニアNISAとは異なる制度ですが、上手に活用することで教育資金作りに利用することも可能です。

セゾンポケット編集部2023.07.21

お子様の将来について考えるときに、「学費の貯蓄」を計画する方は多いでしょう。昨今の低金利化においては学資保険も以前と比べて貯蓄性は期待できないことから、ジュニアNISAを活用して教育資金を投資で貯めていこうと考えた人もいるかもしれません。しかし、残念ながらジュニアNISAは2023年で制度が終了することが決まっています。2024年から始まる新NISAは、ジュニアNISAとは異なる制度ですが、上手に活用することで教育資金作りに利用することも可能です。

セゾンポケット編集部2023.07.21
つみたてNISAをやるなら円安・円高どっちが始めどき?

つみたてNISAをやるなら円安・円高どっちが始めどき?

2022年には年初の1ドル約115円から、一時1ドル150円まで円安が進みました。これから投資を始める人は「円安や円高がつみたてNISAに関係あるの?」「どのタイミングで始めればいいかわからない」という人もいるかもしれません。 結論からいえば、つみたてNISAを始めるのに為替レートが円安なのか円高なのかはそれほど気にせず、早いタイミングで始めることをおすすめします。 ただし、為替が動くと投資信託にどんな影響があるのかは理解しておきましょう。

セゾンポケット編集部2023.06.01

2022年には年初の1ドル約115円から、一時1ドル150円まで円安が進みました。これから投資を始める人は「円安や円高がつみたてNISAに関係あるの?」「どのタイミングで始めればいいかわからない」という人もいるかもしれません。 結論からいえば、つみたてNISAを始めるのに為替レートが円安なのか円高なのかはそれほど気にせず、早いタイミングで始めることをおすすめします。 ただし、為替が動くと投資信託にどんな影響があるのかは理解しておきましょう。

セゾンポケット編集部2023.06.01
つみたてNISAの分配金とは?再投資型と受取型のメリット・デメリット

つみたてNISAの分配金とは?再投資型と受取型のメリット・デメリット

つみたてNISAの分配金には、再投資型と受取型の2つの選択肢があります。再投資型は、分配金を再度投資することで元本が増えますが、受取型は分配金をそのまま受け取ることができる反面、元本が増えることはありません。どちらかを選択できますが、それぞれのメリット・デメリットがあります。 長期的な視点でみれば、分配金は受け取るよりも再投資するほうが複利効果によって高い運用成績が期待できます。 つみたてNISAの分配金受取方法である「再投資型」と「受取型」はどちらがよいのか?メリットとデメリットを理解してから利用するようにしましょう。

セゾンポケット編集部2023.06.01

つみたてNISAの分配金には、再投資型と受取型の2つの選択肢があります。再投資型は、分配金を再度投資することで元本が増えますが、受取型は分配金をそのまま受け取ることができる反面、元本が増えることはありません。どちらかを選択できますが、それぞれのメリット・デメリットがあります。 長期的な視点でみれば、分配金は受け取るよりも再投資するほうが複利効果によって高い運用成績が期待できます。 つみたてNISAの分配金受取方法である「再投資型」と「受取型」はどちらがよいのか?メリットとデメリットを理解してから利用するようにしましょう。

セゾンポケット編集部2023.06.01

New新着記事

来年1月からの新NISAが始まるまでに、今すぐつみたて金額を見直そう!

来年1月からの新NISAが始まるまでに、今すぐつみたて金額を見直そう!

いよいよ迫ってきた2024年1月からはじまる新NISA制度。ご存知の通り、年間のつみたて投資枠は120万円、そして成長投資枠は240万円となっています。今回は投資枠を来年1月からしっかりと使い切れるよう、皆様に知っておいていただきたいことがありますので、一緒にみていきましょう。

セゾンポケット編集部2023.11.29

いよいよ迫ってきた2024年1月からはじまる新NISA制度。ご存知の通り、年間のつみたて投資枠は120万円、そして成長投資枠は240万円となっています。今回は投資枠を来年1月からしっかりと使い切れるよう、皆様に知っておいていただきたいことがありますので、一緒にみていきましょう。

セゾンポケット編集部2023.11.29
新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠の違いは?組み合わせ方について解説

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠の違いは?組み合わせ方について解説

2024年から新しいNISA制度が開始されます。新NISAには成長投資枠とつみたて投資枠という2つの投資枠があり、それぞれの枠を併用することが可能です。 2つの投資枠を有効に活用するには、特徴や上限額などの把握が欠かせません。それぞれについてきちんと理解をしたうえで、組み合わせて運用する戦略を立てることが重要です。 投資経験や投資できる資金によっても戦略が異なります。新NISAを活用できるよう事前に充分な検討が重要です。 本記事では、新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠の違いや組み合わせ方について解説します。

セゾンポケット編集部2023.10.31

2024年から新しいNISA制度が開始されます。新NISAには成長投資枠とつみたて投資枠という2つの投資枠があり、それぞれの枠を併用することが可能です。 2つの投資枠を有効に活用するには、特徴や上限額などの把握が欠かせません。それぞれについてきちんと理解をしたうえで、組み合わせて運用する戦略を立てることが重要です。 投資経験や投資できる資金によっても戦略が異なります。新NISAを活用できるよう事前に充分な検討が重要です。 本記事では、新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠の違いや組み合わせ方について解説します。

セゾンポケット編集部2023.10.31
新NISA制度を活用した運用シミュレーション!毎月投資するとどのくらい増える?

新NISA制度を活用した運用シミュレーション!毎月投資するとどのくらい増える?

2024年1月からスタートする新NISA制度は、現行のものから大幅に改善されます。変更点として「投資期間の恒久化」「非課税期間の無期限化」「年間上限投資枠の拡大」「非課税保有限度額の増加」などがあげられます。 新NISAは個人投資家にとってメリットが多いものですが、節税効果を最大限得るためには、変更点の理解が欠かせません。運用額のシミュレーションをして、投資目標を明確にしましょう。 本記事では、新しいNISA制度について解説するにあたり、つみたて投資枠、成長投資枠のどちらでも買付可能なセゾンポケットの「セゾン資産形成の達人ファンド」「セゾン・グローバルバランスファンド」について、シミュレーションを用いながら紹介していきます。

セゾンポケット編集部2023.10.31

2024年1月からスタートする新NISA制度は、現行のものから大幅に改善されます。変更点として「投資期間の恒久化」「非課税期間の無期限化」「年間上限投資枠の拡大」「非課税保有限度額の増加」などがあげられます。 新NISAは個人投資家にとってメリットが多いものですが、節税効果を最大限得るためには、変更点の理解が欠かせません。運用額のシミュレーションをして、投資目標を明確にしましょう。 本記事では、新しいNISA制度について解説するにあたり、つみたて投資枠、成長投資枠のどちらでも買付可能なセゾンポケットの「セゾン資産形成の達人ファンド」「セゾン・グローバルバランスファンド」について、シミュレーションを用いながら紹介していきます。

セゾンポケット編集部2023.10.31

Seminarセミナー開催中

動画で疑問や不安を解決、特別限定配信中!セゾンマネースクール
クレディセゾン主催、参加費無料のマネースクールでは動画で疑問や不安を解決!
初めての方にもわかりやすく丁寧にご説明いたします。
どなたでもお気軽にご参加ください。

Categoryカテゴリーから探す

Tagsタグから探す

お得なキャンペーン実施中

セゾンカードをお持ちでない方はこちらから
カード申込+新規口座開設
もれなくあたる!
カード申込+口座開設で現金1000円もれなくプレゼント
特典:カード申込+口座開設で現金1000円もれなくプレゼント
最短5分でカード発行OK!

よくあるご質問

Q.
セゾンポケットの利用条件はありますか?
Q.
口座開設は何歳からできますか?
Q.
口座開設する際、費用はかかりますか?

サービスについてのお問い合わせ

誤認防止のお知らせ

金融商品仲介業について

サービス運営会社

金融商品仲介業者

株式会社クレディセゾン
関東財務局長(金仲)第62号

所属金融商品取引業者

株式会社スマートプラス
金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第3031号
日本証券業協会・一般社団法人日本投資顧問業協会・一般社団法人第二種金融商品取引業協会
クレカで積立投資 永久不滅ポイント 貯まる・使える つみたてNISA対応